• プロフィール

    ありちゅん

    Author:ありちゅん
    字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が、字幕ほにゃくハリ「ぐ~ちゃん」とともに書くドイツ映画日記

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2012/11/17(Sat)

Heimatfilm (郷土映画)

(字幕ほにゃく日記からの転載です)

 突然ですが、Heimatfilm (郷土映画)というジャンルをご存じでしょうか。ワタシは名称しか知りません(恥) いえ、前から聞いてはおりましたし、このジャンルに含まれる映画を何本かほにゃくしたこともありました。が、なんとなく食指が動かず、自分から進んで見ようとも思わなかったのです。でもねー戦後のドイツ映画ってコレ抜きには語れないんですよねー。そもそも、なんで戦後の西ドイツで、こんなに牧歌的でユルい映画が大人気となったのか。ホント不思議です。が、なんとなく納得いく解説が「ドイツ映画」(ザビーネ・ハーケ著、山本佳樹訳)という本に載っていたので、引用させていただきますね。長くてすみません。自分用のメモを兼ねておりますので…


『ジャンル映画に新風を吹き込み、連邦共和国にとっての戦後のアイデンティティを構築するために必要な、異文化間や異世代間の遭遇といったものを供給する役目は、「郷土映画」とその物語空間に残されることになった。郷土についての非政治的な概念は、信用を失ったドイツ・ナショナリズムの歴史と、冷戦期の二つのドイツ国家の競争的な状態の両方に、一つの代案を約束した。』

『ハンス・デッペの「黒い森の娘」(1950年)と「緑の原野」(1951年)を皮切りに、「郷土映画」は商業的に最も成功した戦後映画のジャンルとして頭角を現し、安定して500万人以上の観客を動員することになる』

『多くの研究者は、このジャンルの桁外れの人気を、その本質的な保守性によって説明してきた。すなわち、バイエルン・アルプス、シュヴァルツヴァルト、リューネブルガー・ハイデといったドイツの代表的な風景のなかで描かれたのは、父権的家族の正当化であり、規範的道徳への回帰であり、そして前興行的な共同体への隠遁であった。だが、「郷土」をめぐる言説はまた、戦争、排除、強制移住といった歴史的経験や、伝統と近代性とのあいだの進行中の折衝とも、解きがたくつながっていた』

『「郷土映画」は、世代間の葛藤とステレオタイプ的なよそ者の形姿とを通じて、国家の敗北を甘受し、連邦共和国を新しい祖国にするための、想像上の空間を作り上げた。意味深いことに、このジャンルの牧歌的な村や美しい風景のなかに現れるよそ者の多くは、東プロイセンやポンメルンからの難民か、合衆国からの帰国者であった。』

『こうした再生の物語の背後にあって、その推進力となっていたのは、伝統的な社会構造と、同時代の経済的・政治的現実との、調和的な両立を求める欲求であったが、この過程は、しばしば、異質なものとの対決や、そのどうかや編入の成功を中心にして描かれた。こうした矛盾した諸傾向に照らしてみれば、「郷土映画」は、退行的であると同時に進歩的な、帰属のファンタジーであることがわかるのであり、それは、「郷土」という馴れ親しんだ図像を動員して、「都市」対「田舎」といった古い対立よりも、全西ドイツ市民の社会的安寧と経済的繁栄の前提条件としての近代性への共通の信仰に基礎をおく、新しい共同体のアイデンティティを構築しようとするものであった。』(以上、引用終わりです)

↓ ここで挙げられていた、「緑の原野」Grün ist die Heide です。なんちゅうのんびり感とユルさ!なごみ系で牧歌的!…と、この動画を見ただけじゃ、そういった感想しか出てこない。だけどハーケさんの解説を読むと、なんとなくイロイロ納得できちゃう。



 ところで先日、古書店でキネマ旬報1952年6月下旬号を買ってしまいました。ドイツ映画特集があったので、ポチったわけです。そこに、この「緑の原野」の映画評も載っておりました。ご紹介いたしますね。以下、引用いたします。

『ドイツの色彩映画:最近ドイツ最初のゲファーカラー映画「荒野は綠なり」が好成績を収めている。東部からの難民が北ドイツに横たわるリューネブルクの荒野で密猟を生業とする物語。彼の可憐な一人娘(ソンヤ・ツィーマン)と密猟監督の山林官との戀がからみ、主題歌には有名な詩人ヘルマン・レースの詩がそのまま用いられる。これはドイツ人の郷愁豊かなリューネブルクの荒野を舞臺とした點もさることながら、はじめて使ったベルギーのゲフュールト社のゲファーカラーが非常い成功した點で、好評を博している。』

                   キネマ
スポンサーサイト
ホーム | Category : 未分類コメント:アイコン Comment0Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。