• プロフィール

    ありちゅん

    Author:ありちゅん
    字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が、字幕ほにゃくハリ「ぐ~ちゃん」とともに書くドイツ映画日記

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2012/11/17(Sat)

Indianerfilm(ネイティブアメリカン映画)の東西比較、そしてパロディ

(ほにゃくブログからの転載です)

、「Indianerfilme」というジャンルをご存じでしょうか。ネイティブアメリカンが主人公の映画。アメリカの西部劇は、どちらかというと白人が中心だけど、Indianerfilme はあくまでも主人公はネイティブアメリカン。60年代のドイツで流行ったジャンルです。その人気を支えたのが、19世紀末から20世紀初頭にかけて次々と出版された Karl May (カール・マイ)の冒険小説。このカール・マイという人、ドイツではチョ~人気なんだそうですが、日本ではそれほど知られていないですよね。でもドイツ人って、とにかくこのカール・マイが大好きなような気がします。

 で、このインディア~ナ~フィルムの人気に火をつけたのが、この作品↓ カール・マイ原作「Winnetou (ヴィネトゥ)」(1963年)。ネイティブアメリカンのヴィネトゥと、アメリカへ渡ったドイツ人のオールド・シャッターハンドとの友情物語です。そしてキーワードは、Blutsbruderschaft(辞書によると、「互いに血をまぜた杯を飲み合った血盟の友、盟友。義兄弟とも。)。2人が向き合い、正面で手を組み合わせて盃をかわすシーンは他の映画でもちょくちょく見かけます。実は私も友人宅へ遊びに行ったとき、「面白いから見ておけ」と言われ、このヴィネトゥのビデオを見たのでした…(大人のワタシには、ちょっとタイクツだったかも^^;途中でコックリコックリしちゃった)撮影地はクロアチアですって。



面白いのは、このインディア~ナ~フィルムが東ドイツでも流行ったこと。当初、カール・マイは東ドイツでは禁止されていたということで、カール・マイもどきの作品が上映されたようです。それが、コレ ↓ 「偉大な雌熊の息子たち」(1966年)。撮影地は、ぬゎんとザクセン・アンハルト。背景に針葉樹林も見え、どう見てもアメリカの西部じゃない…。いえ、風光明媚ではあるのですがね。西ではネイティブアメリカンと白人の友情を描いたのに対し、東では植民地主義と闘うネイティブアメリカンの姿を描いたんだとか。うーん、いかにも共産主義な作風。この作品で東ドイツにおけるネイティブアメリカン役の座を不動のものにした俳優さん、実はユーゴスラヴィア人なんですって。ゴイコ・ミティツという俳優で、声は吹き替えです。でもこの人、西ドイツのインディア~ナ~フィルムにも出まくっています(苦笑)。いえ、分かります。濃ゆ~い風貌と立派なガタイですから引く手あまただったんでしょう。

ザビーネ・ハーケ著「ドイツ映画」(山本佳樹訳)より引用いたします:『「荒野の七人」(1960年)のようなレトロ調の西部劇や、「荒野の用心棒」(1964年)のようないわゆるマカロニ・ウェスタンの影響を受けたデーファの作品は、インディアンの視点を用い、植民地的な関心や帝国主義の攻撃に対する彼らの苦闘を語り直すことで、西ドイツの「ヴィネトゥ」シリーズへの代案を提出することになった。「雌熊の息子たち」(1966年)における、誇り高く反抗的なダコタ部族の物語によって、シリーズ全体の基本の型が確立した。』『インディアン映画(本文ママ)は、労働階級の文化を保存し、アメリカ流の資本主義の誘惑に抵抗するという、ドイツ民主共和国自身の試みについての、明示的・暗示的な言及を数多く含んでいた。だが、インディアンを闘争と抵抗の象徴として理想化していた初期の映画に対して、のちの作品では、彼らが受けた弾圧により大きな注意が払われるようになるのであり、これは、おそらく、1970年初期に社会主義の危機が高まったことの徴候でもあった。』 (引用終わり)



そしてさらに面白いのが、西ドイツ「ヴィネトゥ」のパロディ。これ、「荒野のマニト」(2001年)というタイトルで日本でも公開されております。「面白い」というのは「興味深い」という意味でございます。ドイツでは大ウケでも、「ヴィネトゥ」を知らない日本人には、何のことだかサッパリ…。元ネタを知らないパロディほど、見ていてイタイものはありませんな。実はワタシ、これの試写を見たのですが、笑い声がクスリとも起こらない「爆笑映画」を見るのってホントに辛い。いたたまれなくなりましたぜ。主演のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒって、ドイツではすっごく有名。芸達者でコミカルなのですが、いかんせん日本では無名。今年の初めに東京のゲーテ・インスティトゥートで上映された「ホテル・ルックス」で主役を演じていました。いい俳優さんだと思うのですが、いかんせん日本では…(以下省略)。酒場が実はベニヤ板で、バタンと倒れたり、ネズミ取りを踏んじゃって「イテ~」と飛び上がったり、何かの拍子にウ●チを踏んじゃったりと、まるでドリフターズのノリ。主人公のアバハチがコテコテのバイエルン訛りなので、ドイツ語が分かる方にとってはそれなりに面白いんだけど。オネエ言葉のオカマちゃんも出てきます。


スポンサーサイト
ホーム | Category : 映画全般コメント:アイコン Comment0Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。