• プロフィール

    ありちゅん

    Author:ありちゅん
    字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が、字幕ほにゃくハリ「ぐ~ちゃん」とともに書くドイツ映画日記

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2011/09/15(Thu)

Freiwillige Selbstkontrolle der Filmwirtschaft(ドイツにおける映画のレイティング)

 日本で公開される映画作品は映倫による審査を受けますが、ドイツでも似たようなレイティングシステムが存在します。それがFSK。FSKとはナンジャラホイ?

→ Freiwillige Selbstkontrolle der Filmwirtschaft:ドイツにおける映画産業の自主規制組織。ズバリ、ドイツの映倫。青少年に有害と思われる内容を審査し、レイティングするのがその仕事で、審査規定は JuschG (Jugendschutzgesetz、青少年保護法)に準拠したもの。

組織:映画やテレビ、ビデオなどの映像産業の16団体で構成される上部団体 SPIO (die Spitzenorganisation der Filmwirtschaft e.V.) の100%子会社で、GmbH(有限会社)の形態を取っています。主な収入源は審査料。

歴史:第二次大戦後、ドイツ映画界は占領軍の支配下にあり、厳しい検閲が行われていました。アメリカ軍占領地域で検閲を行った人物は、敏腕プロデューサーとして知られたエーリヒ・ポマー。ユダヤ系であったため、ドイツからアメリカへ移住してハリウッドで活躍していましたが、アメリカ軍にその手腕を買われて戦後のドイツに呼び戻されたのです。その後、連合軍の要求により新しく検閲制度を整えることになりました。そこでドイツ映画界をよく知るポマーに白羽の矢が立ち、1949年6月に検閲機関FSKが誕生するに至りました。その後、1970年までは、このFSKが検閲を行った作品しか上映を許されなかったそうです。なお、初めてこの組織の審査を受けた映画は、戦時中に制作されたものの、ナチ政権からNGを出された作品だとか。しかし戦後、連合軍側(ソ連を除く)からOKが出、設立間もないFSK が初めて審査することになったそうです。1949年のことでした。

審査を行うメンバー:190名を超える担当者が審査に当たるとのこと。映像産業の従事者以外にもジャーナリストや教師、心理学者、学生、主婦など様々な分野の人々で構成され、その任期は3年。

レイティング:主に次のように分けられます。

●freigegeben ohne Altersbeschränkung:年齢制限なし
●freigegeben ab 6 Jahren:6歳からOK
●freigegeben ab 12 Jahren:12歳からOK
●PG (Parental Guidance):「freigegeben ab 12 jahren(12歳から)」と書かれている場合でも、PG の条件つきなら、保護者同伴で 6歳~の子供も見ることができる。
●freigegeben ab 16 Jahren:16歳からOK
●keine Jugendfreigabe :以前は「nicht freigegeben unter 18 Jahren(18禁)」と表示されたそうですが、2003年4月以降は、「未成年入場禁止」という表示に変わったとのこと。』

スポンサーサイト
ホーム | Category : 映画全般コメント:アイコン Comment0Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。