• プロフィール

    ありちゅん

    Author:ありちゅん
    字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が、字幕ほにゃくハリ「ぐ~ちゃん」とともに書くドイツ映画日記

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2011/07/29(Fri)

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

白バラ1

『白バラの祈り ゾフィ・ショル、最期の日々』(原題:Sophie Scholl - Die letzten Tage、2005年)
Marc Rothemund(マーク・ローテムント)監督
Julia Jentsch(ユリア・イェンチ)ゾフィー・ショル
Fabian Hinrichs(ファビアン・ヒンリヒス)ハンス・ショル
André Hennicke(アンドレ・ヘンニッケ)ローラント・フライスラー

 ゾフィー・ショルはミュンヘン大学の学生。兄のハンスたちとともに反政府組織「白バラ」を結成し、地下活動を行っていました。ナチ政権に反対し、戦争の早期終結とサボタージュを訴えるビラを刷っては密かに郵送していたのです。ところが大学構内でビラをまこうとしているところをゲシュタポに見つかり、身柄を確保されてしまいます。1943年2月18日のことでした。最初はシラを切っていた2人でしたが、家から郵送用の切手やビラの草案、仲間とやりとりした手紙が見つかり、動かぬ証拠となってしまいます。

 彼らを裁くのは悪名高いローラント・フライスラー判事。高圧的な態度で一方的に断罪することで知られていました。21歳のゾフィーは毅然とした態度で法廷に立ち、たった1人で立ち向かうのでした…。

***********************

 本作は史実を映画化したものです。allcinemaによりますと、90年代に東ドイツで新たに見つかった尋問資料を軸に当時を忠実に再現したとのこと。わずか21歳の女性が毅然とした態度で正義を訴える様子が胸を打ちます。
公式HP(ドイツ語)

<おまけ>
ゾフィーたちを裁いたフライスラー判事は、その高圧的な手法で有名です。ご参考までに、どんな人物だったかご紹介いたしますね。

『フライスラー:1893-1945、1942年から45年まで、ベルリンの民族裁判所(Volksgerichthof*)長官。また、ユダヤ人虐殺のシナリオを練った42年のヴァンゼー会議出席者の1人としても知られている。フライスラーは法律家の資格を取得し、やがてロシアで捕虜を体験、1925年にナチ党に入党する。その後、ヒトラーお気に入りの法執行者となり、43年に「白バラ運動」のショル兄妹、そして翌年のヒトラー暗殺未遂事件関与者を裁いた。彼が裁くベルリンでの公判の模様が映画に収められているが、それには大声でがなり立て、死の宣告前の囚人に対する計算し尽くされた精神的虐待を加える彼の様子が映し出されている。』(以上、三交社「ナチス第三帝国事典」より一部引用)
*民族裁判所:1934年に設置され、政治犯などを扱ったナチ政権下の特別法廷。(小学館独和大辞典より)

『フライスラーは真赤な法服をまとって登場し、ほとんど1人で審理を進めた。怒鳴り散らすかと思うと長広舌をぶち、被告の発言を思うままにさえぎった。とくに被告が反ナチ行動に出た動機を説明しようとすると、揚げ足をとり、皮肉を浴びせ、ついには発言を禁じた。現代の感覚でいう裁判とは似ても似つかぬもので、ひっきょうナチズム礼讃の茶番にすぎなかった』『被告たちを次々と容赦なく処刑場におくりこんでいたフライスラー自身に、運命の鉄槌がしのび寄っていたことを本人は、知るべくもなかった。45年2月3日の午後、シュラーブレンドルフに対する公判が始まろうとしたところで、空襲警報のサイレンが鳴り響き、判事、検事、被告ともぞろぞろ地下室に避難した。その直後、人民裁判所の建物が直撃弾に見舞われ、フライスラーは落ちてきた地下室の梁の下敷きになって瀕死の重傷を負い、すぐ病院に担ぎ込まれたが、死んでしまったのである』(以上、中公新書「ヒトラー暗殺計画」小林正文著 より引用)


裁判を行うフライスラーの映像

スポンサーサイト
ホーム | Category : 第二次大戦のころコメント:アイコン Comment2Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


  • ヘンニックさんが上手い!

    映画を見たときにあれ?と思ったら、演じたヘンニックさんが似せていたと、ここを読んで知りました!
    それにしても、あっという間に~ですから、凄すぎです。(ーー;)

    事後報告になりますが、こちらの記事をリンクさせて頂きましたので、ご了承ください。

    近々、更新されるのをお待ちしてます。
    (とっても参考になるので)

  • ありがとうございます

    ★takboutさん、コメントありがとうございます~。ホント、ひどい裁判官ですよね…。映画ですと大げさに見えますが、実際の映像はもっとすごいから驚きです。。更新、滞ってしまってすみませんっ 更新する気はあるのですが、とにかく毎日イロイロ作業がはいってしまって… 早くゆっくりしたいですー。すみませんっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。